独身の人はもちろん、既婚者の場合でもすぐに赤ちゃんを希望しない場合は、きちんと避妊をしなければなりません。
ほとんどの人がコンドームを装着させる避妊法をしていますが、性行為の途中で脱落をしてしまったり、破損をしてしまう可能性があります。

避妊に失敗してしまった人は、性行為の72時間以内にアフターピルのアイピルを服用すると、80パーセントの高い確率で避妊を回避できます。
低用量ピルのトリキュラーや、超低用量ピルのヤーズとは違い、毎日服用する必要はなく、服用方法は緊急時だけにしなければなりません。

アフターピルの服用方法は、性行為の24時間から、72時間以内に一錠を、水やぬるめのお湯で服用をするだけなので、自宅に常備しておくと便利です。
アフターピルのアイプルの副作用を知っておきたい人が多いですが、比較的安全性の高い医薬品なので、健康な人の場合は問題ないことがほとんどです。
よく見られる副作用には、頭痛や吐き気、胃のもたれなどがあるので、気になる症状が見られる時は、医師に相談して下さい。
アフターピルのアイピルを服用することで、受精卵の着床を抑えたり、ホルモンバランスを整える働きがあります。
妊娠を回避するためには、受精卵を子宮に着床させないことが大事なので、性行為に失敗してしまったら、なるべく早く服用するのが効果的です。

トリキュラーやヤーズなどのピルは、生理周期に合わせて毎日服用する必要がありますが、アフターピルのアイピルは毎日飲む必要はありません。
正しい服用方法を知っておくと、避妊効果を高めることができるので、幅広い年代の人が使用しています。
アフターピルのアイピルはジェネリック医薬品なので、お値段がリーズナブルなのに同様の効果が期待できます。
妊娠中絶をしてしまうと、女性の心身に大きなダメージを与えてしまうので、アフターピルは欠かせない必需品です。
海外医薬品のインターネット通販を利用すると購入できます。

低用量ピルのトリキュラーと超低用量ピルのヤーズとは

避妊や子宮内膜症の治療、月経困難症の治療などで一般的に使われることが多いのが、低用量ピルのトリキュラーです。
トリキュラーは、毎日決まった時間に1錠ずつ21日間飲み続け、服薬をしない休止期間を7日間設けている間に生理がやってくるという薬です。
ホルモンバランスを人工的にコントロールすることができるため生理周期が一定になるという効果があります。

胸のはりや頭痛、腹痛などの副作用がある場合がありますが、服用を続けるうちに慣れてきて副作用が軽減してくる人が多いようです。
喫煙や加齢によって血栓のリスクが高くなるという副作用もあります。
毎日決まった時間に1錠飲むという服用方法なので簡単ではありますが、飲み忘れに毎日気を付けなければならず、飲み忘れた場合には服薬を一度休止し生理が来てから再び服薬をはじめる必要があります。
最近使用されることが増えてきた超低用量ピルのヤーズはホルモン量が少ないため副作用が少なく、連続使用をして3ヵ月から半年程度排卵を抑制し、生理を止めることができる薬です。

服用方法はトリキュラーと同じで毎日1錠ずつ飲むことになります。
ヤーズも飲み忘れてしまった場合には、服用を一度休止して最初からやり直す必要があるため毎日必ず飲むように気を付ける必要があります。
アフターピルのアイピルは毎日飲む必要がないため飲み忘れてしまうことがありません。

正しく服用することで避妊効果を高めることができるので、アフターピルは最近大変注目されています。
海外医薬品のインターネット通販を利用することでリーズナブルに購入することができ、女性の体を守ることができるのでトリキュラーやヤーズからアイピルに変える人もいる人気のピルです。