毎月の生理時に強い痛みを感じ、学校や仕事を休んでしまうという女性も少なくありません。
同じ女性であっても、生理痛が軽い方もいれば寝込んでしまうほど、重いという方もいます。
男性だけでなく同性の女性にも、生理痛の辛さを分かってもらえないと毎月の生理に対して、より強いストレスを感じるのではないでしょうか。

生理痛が重いという方は、ピルでの治療をおすすめします。
ピルといえば避妊薬として有名ですが、今は避妊目的以外にも多くの女性が活用している時代です。
生理痛緩和の治療も、ピル活用法の1つです。
ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという、女性の体内で作られる2種類の女性ホルモンと、同じ作用をする成分が配合されています。
服用する事で女性ホルモンのバランスを、常に一定に保つ事が可能です。

生理痛が重いという女性の場合、プロスタグランジンという物質が子宮内膜内に多く作られてしまいます。
プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きをする物質です。
生理が始まるとプロスタグランジンの作用によって、子宮が収縮を繰り返し子宮内膜を剥がして生理となります。

プロスタグランジンが多く子宮内膜内に作られてしまうと、その分収縮が強くなってしまい、結果重い生理痛を引き起こしてしまうという仕組みです。
プロスタグランジンが原因の生理痛は、プロスタグランジンの過剰な生成を抑える事が改善に繋がります。

女性ホルモンの1つ、プロゲステロンの分泌量が増えるとプロスタグランジンも作られます。
ピルを服用すると、エストロゲンとプロゲステロンの量が一定にキープされるため、プロゲステロンによるプロスタグランジンの過剰生成を抑制する事が可能です。

子宮内膜内のプロスタグランジンの量をコントロールする事によって、生理時に子宮が過度に収縮してしまう働きを抑え、生理痛の緩和に繋がります。
ピルは生理痛だけでなく出血量も抑える事ができるので、上手く活用すれば女性の生活を向上させる事ができるでしょう。

ピルは生理周期のコントロール、ニキビにも有効

避妊薬としてのイメージが強いピルですが、実は女性にとって他にも嬉しい効果を発揮する薬でもあります。
健康な女性の場合、毎月必ず生理となりますが旅行やテストなどのイベント時に、生理が重なると憂鬱に感じる方も多いでしょう。

移動距離が長い旅行や、座っている時間が長いテストなどの時に生理になってしまうと、トイレに行く時間が取れるかどうか、そして漏れといった心配をしなければいけません。
楽しいイベントも生理が重なる事によって、心から楽しむ事ができなくなってしまう恐れもあります。

ピルは生理周期もコントロールできる薬です。
通常の生理周期よりも早く生理を起こしたり、逆に遅くするといった事もできます。
生理の調整を行う事によって、旅行などのイベント時に生理が重なってしまう事を避ける事が可能です。
生理周期を調整できるというのは、女性にとって大きなメリットと言えるでしょう。

また、生理周期のコントロールだけでなく、大人ニキビの治療にもピルを処方するケースが増えてきました。
大人ニキビとは文字通り、大人になってからできるニキビの事を言います。特に20代・30代の女性に起こりやすいようです。

大人ニキビが出来る1つの原因として挙げられるのが、女性ホルモンバランスの崩れです。
大人の女性は仕事や家庭の事などで、多くのストレスを抱えてしまうケースも少なくありません。
女性の体はとても繊細で、少しのストレスでも女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
女性ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮脂が過剰分泌してしまい毛穴が塞がれてしまう事によって、ニキビや肌荒れが起こりやすくなるようです。

女性ホルモンの量を一定に保つ事ができるピルを服用すれば、女性ホルモンバランスの崩れが改善され、大人ニキビの解消に繋がります。
スキンケアや食事内容などを見直しても、なかなかニキビや肌荒れが治らないという方は、ピルによる治療を検討してみましょう。