プレマリンとは、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する薬です。
エストロゲンが減少することによって起こる更年期障害の症状を緩和する効果があります。
女性の身体は40代後半から50代頃の更年期に入ると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に減ってしまいます。
これは身体が閉経する準備に入るためですが、急激なホルモンバランスの変化に体が付いて行けず様々な不調が生じることを更年期障害といいます。

更年期障害にはホットフラッシュと呼ばれる発汗やのぼせ・冷え・動悸・めまい・頭痛といった体に表れる症状に加えて、いつもイライラしてしまうとか気分が落ち込むといった精神的な症状が現れることもあります。
また、夜に眠れないといった不眠の症状が現れたりもします。
更年期障害の症状は個人差が大きく、ほとんど症状が出ない人もいますし不快な症状に悩まされて激しい苦痛を感じる人も多いと言われています。
プレマリンを服用することで、そういった更年期障害の不快な症状を和らげることができます。
プレマリンは古くからある卵胞ホルモン薬で、女性ホルモン補充療法に用いられてきました。
体内でエストラジオールに転換されることで効果を発揮します。

プレマリンを服用して重い副作用が出ることはまずありませんが、服用し始めた初期の頃に血栓症になることがまれにあります。
血栓症とは血液の塊が出来て血管が詰まることをいいます。
手足に痛みやしびれを感じたり、息切れなどが起きたらすぐに医師の診察を受ける必要があります。場合によっては、意識障害が発生することもあります。

それから軽い副作用としては、乳房に張りや痛みを感じたり、吐き気を感じたり、不正出血が起きるといった症状もあります。
これらの症状は身体が慣れてくることによって徐々に改善していくのが一般的です。
また、副作用とは異なりますが長期間ホルモン補充療法を行うことによって乳がんの発症リスクが少し高まると言われています。

プレマリンと低用量ピルにおける違いについて

女性ホルモンに関連した薬には、プレマリンの他に低用量ピルもあります。
低用量ピルも女性ホルモンを補充する薬ですが、プレマリンの違いはどこにあるのでしょうか。
プレマリンは、女性ホルモンのうちエストロゲンのみが配合されています。

それに対して低用量ピルには、エストロゲンの他にもプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンも配合されています。
つまり、二種類の女性ホルモンが配合されていることになります。
低用量ピルは不正出血や生理不順を改善する効果があり、避妊薬としても用いられます。

それに対してプレマリンは更年期障害の改善を目的に用いられるもので、避妊効果は高くありません。
エストロゲンもプロゲステロンも妊娠に関わりのある女性ホルモンですが、プロゲステロンの方がより妊娠に関わっています。
プレマリンにはプロゲステロンが配合されているわけではないので、避妊効果は低いとされています。
それからプレマリンと低用量ピルでは、同じエストロゲンが配合されていても活性の程度が大きく違います。

プレマリンには馬の尿から採取されて天然の結合型エストロゲンが配合されていますが、低用量ピルに配合されているのは合成されたエストロゲンです。
合成されたエストロゲンは、体内での活性が天然のエストロゲンに比べて100倍以上も高いと言われています。
エストロゲンの含有量自体はプレマリンの方が低用量ピルよりも多いのですが、エストロゲンが強く作用するのは低用量ピルの方です。
低用量ピルの方がプレマリンより7倍も強くエストロゲンが作用します。
ですからプレマリンと低用量ピルを服用する際には、医師の指示に従って目的に合った薬を選び用法や用量をしっかりと守る必要があります。
また、通販でプレマリンは購入できるできるので、一度診断を受けている方は通販で購入した方が安くプレマリンを手に入れることができます。