アフターピルは通販でも購入することが可能な薬です。
この通販というのは薬局やドラッグストアなどの日本の薬剤師などの専門家が行っているものではなく、海外で販売されている医薬品を現地の業者が代理で購入して日本に向けて発送してくれるサービスのことです。
これはいわゆる個人輸入代行というもので厳密な通販とはやや異なりますが、ともかくインターネットを使って購入できるものです。

個人輸入代行はあくまでも個人輸入を代行してくれるものですから、そのアフターピルの品質や保証は行いません。
このためすべてを自己責任で行わなければなりませんから一定のリスクがあります。
一方で日本国内で医療機関から事前にアフターピルを手に入れることは不可能です。
緊急的に避妊しなければならないといった状況にはクリニックに行き処方してもらう必要があり、また初診料や検査料など余分なお金がかかるものです。
なによりもアフターピルははやく服用した方が効果が得られるわけですから、事前に用意しておいた方が望まない妊娠を阻止するためには大切で、このため通販で手に入れておきたいものになります。

一方で海外で販売される薬には残念ながら偽物も多くあるといわれています。
これは日本と異なって医療制度が整っていない国から輸入されるためです。
また日本では厚生労働省が承認した薬しか販売されていません。
外国ではそのような規制もない国もあり、そもそも有力な製薬会社が存在しない場合には海外製品の輸入に頼っているところもあり、そこに偽物が紛れ込む可能性があります。

もちろん通販で販売している業者もその点は理解しており、可能な限り信頼できるルートから購入しているようですが、現実としては100%安全とは言い切れないのが実情です。
このため購入するのであれば購入したい薬の知識を持つことが必要で、特に正規品の見分け方のスキルを持つ必要があります。
そしてなによりも第一には信頼できる通販業者を選ぶことが偽物を掴まされないためにも大切です。

本物の医薬品を通販するための業者の見分け方

本物の医薬品を購入するためには第一には業者を見極めることで、ひとつは通販を行っている業者の所在地の確認です。
大半の通販サイトは香港やシンガポールに所在地を置いていますが、この理由は外国人でも会社の設立が容易であることや、海外からの薬を販売して日本に発送するのに地理的にもメリットがあるためです。
この点では日本に所在地を置いている業者の方が安全ですが、創業して10年以上も経つ通販サイトもあるので、そのような業者は安全性の高い商品を送っているので一定の信用ができるものです。

また気をつけなければならないのが値段です。
値段が高ければ安全性があるというものではありませんが、極端に値段が低いものは要注意です。
基本的に海外からの薬の輸入は安く手に入れるよりもクリニックに行かずに手に入れるというものが目的になるためです。
このため先発薬の場合には日本の医療機関で処方される薬とそれほど値段は変わりません。
一方で海外製品には日本では未承認のジェネリックも販売されており、ジェネリックを使えば値段が下がります。
ただいずれにしてもその薬の相場を知っておくことが必要です。

一方で実際に見て正規品であるかを見極めることは困難ですが、少なくとも服用する前には本物のアフターピルの画像と見比べることが大切ですが、これはほとんどあてになりません。
現実には見分け方が出来ないほど精巧に作られたものが多いためですが、中には明らかに偽物というものもありますから確認だけは怠らないようにすることが大切です。

いずれにしても本物の医薬品を購入したい場合には信頼できる業者を選ぶことが重要で、特に定期的に成分検査を行っているような業者が比較的安心して利用できます。