緊急避妊薬であるアフターピルは、望まない妊娠を防げる最後の手段となるものです。
アフターピルを購入したいと思ったら、病院で購入することもできますが、通販で購入することも可能です。
病院と通販ではアフターピルの購入価格が違います。病院でアフターピルを購入する場合と通販でアフターピルを購入する場合ではどのような違いがあるでしょうか。
どちらの利点、欠点をきちんと理解して、自分に合った方法でアフターピルを購入することが大切です。
病院で購入する場合と通販で購入する場合を比較して、自分に合った方法でアフターピルを購入できるようにして起きましょう。

病院でアフターピルの処方を受ける場合の価格について

×がついたドラックストア病院でアフターピルの処方を受ける場合、まずきちんと理解しておきたいのは値段です。
アフターピルは市販薬ではないため、避妊に失敗してから慌ててドラッグストアに購入に行っても買うことはできません。
医師による問診と処方箋が必要となるため、病院で処方を受ける必要があります。

アフターピルは保険適用外の薬であり、自由診療となるため、同じアフターピルを処方してもらうとしても、病院によって値段は違います。
アフターピルは保険適用薬ではないため全額負担となります。
アフターピルは避妊が目的となっている薬であることから、健康上の問題はないため治療行為には該当しません。
そのため、購入する場合には全額自己負担です。

購入価格の相場としては、およそ10,000〰20,000円ですが、休日診療の場合はその分費用がかかることもあるため注意が必要です。
また、初診である場合、初診料として2000〰3000円程度の費用も必要となります。
診察料金や検査料金もかかる可能性があるため、場合によってはそれらと併せて3万円程度の費用が必要となることもあります。

アフターピルは緊急避妊薬ですから、基本的に避妊に失敗してから72時間以内に服用しないと避妊が成功する可能性が低下してしまいます。
そのため、近い病院がたとえ休みだとしても、休日診療を行っているところに行ってできるだけ早く処方してもらわなければなりません。
結果として、アフターピルそのものの価格だけでなく、休日料金が追加されることもあります。
検査内容によっては、さらに追加で料金がかかることもあります。病院で処方を受ける場合、合計でどれくらいの料金がかかるのかは病院によって異なります。
正確な料金が知りたい場合は事前に問い合わせをして料金を確認しておくと良いでしょう。

一般に、病院で処方してもらえるアフターピルは2種類あります。
ヤッペ法(プラノバール)とノルレボ錠です。病院によっては片方しか処方していない場合もあります。
一般にヤッペ法(プラノバール)の方が安価に購入することができますが、薬剤を2錠服用しなければならないこと、吐き気など身体にかかる副作用が出やすいという欠点があります。
一般に、ヤッペ法(プラノバール)はおよそ8,000円程度、ノルレボ錠はおよそ15,000円程度の費用が必要です。
これに薬剤料・指導料・相談料・検査料などの料金が加算されます。

通販でアフターピルを購入する場合の価格について

アフターピルは保険適用外の自由診療の薬であるため、通販で購入しても何の問題もありません。
海外から個人輸入することもできますし、代行業者から購入することもできます。
日本の病院では処方されない薬剤も手に入れることができます。一般に、病院と比較して通販で購入した方が安価にアフターピルを購入できます。
アイピルの薬アフターピルはネットで買うと値段が安いという点に加えて、休日料金・薬剤料・指導料・検査料などの料金が不要となるため、薬を処方してもらうにあたって必要となる料金を節約できます。
日本の病院では処方されることがないノルレボ錠のジェネリック医薬品であるアイピルも、通販であれば購入できます。
ジェネリック医薬品であるため、非常に安い値段で購入が可能です。1錠(1箱)から購入することもできますし、まとめて購入することも可能です。

通販でアフターピルを購入する場合、その価格はおよそ1錠あたり1,000〰3,000円程度で購入することができます。
処方箋価格のおよそ1割程度の値段で購入できるため、購入費用の負担が軽くなります。
病院と比較してかなり安い値段で購入することができますが、これには病院で行われる検査などの料金は一切含まれていません。
医師による処方ではない分、安くアフターピルを購入することができますが自分できちんと薬について判断できるだけの知識が必要となります。

病院で処方してもらうよりも様々な種類のものを購入することができるので、日本ではあまり使われていないものでも手に入れることができます。
病院に行く必要がないことから、いつでもどこでも安く、しかも簡単に購入することができるのは利点と言えるでしょう。
それぞれの薬剤の成分や口コミなどについて確認してから購入することができるので、自分に合った薬剤を自由に選択することができます。

通販なので購入にあたっては送料も必要となる点には注意が必要です。
ただし、通販で購入する際には、まとめて購入すればお得になるキャンペーンなどが行われている場合もあり、総額〰円以上の購入で送料無料で購入できるキャンペーンが行われていることもあります。
処方薬と比較してかなりお得に購入することができるのが、通販で購入する場合の最大の魅力と言えるでしょう。

アフターピルの病院処方と通販における利点と欠点

アフターピルを病院で処方してもらう場合と通販で自分で購入することにはどのような違いがあるでしょうか。
病院で処方してもらう場合、安心感を得られるという点が利点となると言えます。一般に、アフターピルは副作用が強く出ることがある薬です。
そのため、医師や薬剤師の指導のもとで処方されれば、副作用が出た場合でもすぐに医師や薬剤師に相談できます。
薬の処方にあたっても十分な問診と検査が行われます。そのため、専門医の指導のもとで薬についてしっかりと理解した上で、アフターピルを服用できるという利点があります。

また、アフターピルはそれを服用したとしても、100%確実に避妊が成功するわけではありません。低い確率ではありますが妊娠する可能性もあります。
病院で処方してもらえば妊娠してしまった場合でも、検査などがすでに行われているためスムーズに対応してもらえるという利点があります。

一方、病院で処方してもらう場合の欠点は料金が非常に高いことです。通販で購入するよりもかなり大きな費用の負担が必要となります。
その分安全性は高くなりますが、病院で処方される場合であってもピルについて非常に詳しい専門医は限定されているため、自分に合ったものを処方してもらえるとは限りません。
また、海外では処方されている薬であっても日本では処方してもらえない薬もあり、選ぶことができる薬の数が限定されるのも欠点と言えます。
基本的に保険適用外であり、自由診療であるため、その病院が扱っていない薬を処方してもらうことできません。
一般に、アイピルは病院で処方してもらえず通販でしか購入できないため注意が必要です。

通販でアフターピルを購入する利点は安い値段で購入することができるということです。
処方してもらうのと比較して、1割程度の負担で購入することができます。費用負担が少なくなるので気軽に購入すできるのが利点です。
また、病院では基本的に1錠(1箱)しか薬を処方してもらえませんが通販であれば自分が欲しい量だけ購入できます。
アフターピルの副作用で吐いてしまった場合、その成分が十分に身体の中に吸収されていないともう一錠服用しなければなりません。
その場合、病院処方だともう一度通院しなければなりませんが、通販であれば事前に購入しておくことができます。

アフターピルを通販する場合の欠点としては、誰にも薬について相談できないということです。
病院にいかないと専門医に相談することはできません。そのため、自分で薬について知っておく必要があります。
万が一副作用などが出た場合でも自分で対処しなければなりません。その点が通販で購入する場合の欠点と言えるでしょう。